上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去年のまだ寒い季節だったか、スマトラのニュースを聞いてひどくショックを受けたのを覚えてる。


破壊された街
瓦礫の中で嘆き悲しむ人々
大傷を負って運ばれる人々


人事じゃないのを感じた
なんだかむしょうに不安になった



次の日学校にいってネシアのこ、タイのこ、あんまはなしたことないようなこにまで「だいじょうぶ?」て言ってまわった。


彼、彼女達の「だいじょぶ。ありがとう」からはなんだかやっぱり不安の色が伺えてやっぱりすごくむしょうに悲しくなった。


* *


こないだのジャワ島地震のニュースはもちろんソウルまで伝わってきた。

だけど今日さっきはじめて映像と写真でコトのおっきさを改めて痛感した。


とっさに留学中の友達のことが頭に浮かんだ。
ネシアからきてるこたちの顔が浮かんだ。


みんなの家族はだいじょうぶかな。
就活とか卒業で国に帰ってるこはだいじょうぶかな。
留学中のこたちはだいじょぶなのかな。



5月29日午前1時32分

韓国ソウルにて、これ以上被害が拡大しないこと、
みんなの家族やみんなが無事であることをお祈りします。

んで、今日も1日平和に暮らせたこと、
今日のソウルはスペクタクルに大晴天だったこと、
「じゃあね」ていって友達とばいばいできたことを何よりも感謝します。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。