上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おさえられません事件勃発。


以下抜粋

**

『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』、『アカルイミライ』(2002)、『恋の門』(2004)、『殺し屋イチ』、『CASSHERN』(2004)、『メゾン・ド・ヒミコ』(2006)と、話題映画をはじめ、宇多田ヒカルやUAらの衣装デザインを手掛けているスタイリスト、北村道子。彼女の発想を綴った『北村道子 衣裳術』が2月上旬に刊行される。

この刊行を記念し、「北村道子 衣裳術」オールナイト特集上映が開催されることがわかった。

故・松田優作氏に映画の世界へ引き込まれ、20作品以上の日本映画を手掛けた北村道子。刊行される『北村道子 衣裳術』では、約24時間に及ぶロングインタビューにおいて、作品毎の衣装意図に加え、身体論、映画論、死生観に至るまでを彼女が語っている。「経験からしか衣装を作れない」という彼女の、衣装に結実している58年間の数々のできごと。本作は、スタイリストとしての衣裳術だけなく、若者、そして社会への辛辣なメッセージとなっているとも言える。

この刊行を記念して、「北村道子 衣裳術」オールナイト特集上映では、彼女の豪胆な発想を体感できる『それから』(監督:森田芳光、1985)『双生児』(塚本晋也、1999)『アカルイミライ』(黒沢清、2002)『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(三池崇史、2007)の4作品を上映。また、彼女にゆかりのある俳優として、浅野忠信伊勢谷友介らも来場の予定。


**

てことで。

いってきます!!!

スーパー強行スケジュールで。



まさか生きてるうちに生で見れるとは…


神様ありがとう


ありがとうございます!!(大マジ)



もちろん

北村氏の世界も探訪してきます!!


ほんとです!!



<生予想図>
ytfghj



楽しみ(テレ)



http://news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=200802010001








スポンサーサイト

Comment

えー東京いくと
きのうひこしたよ
高宮2のバス停のマンチョンだけん
わかるやろ?

はじめまして。
伊勢谷くんファンで、わたしもこのイベント行きたいのですが、どうしても無理なんです。
ぜひ詳しいレポをアップしてくださいね!
待ってます♪

せめて生イケメンの空気だけでも袋につめて持って帰ってきて。

コラーゲン飲むよりヒアルロン酸打つよりお肌にいいはず。

→まっぴ
はい!!
明日は突撃オタクのばんごはんします!!

→hanaさん
はい!!
出来る限り生々しい感動を(できれば生中継で)お伝えできるようがんばります!!

→しな
はい!!
出来ればまるごと袋にいれてもって帰りたいです(本気)

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。