上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



先週末は野を越え山を越え、しゃちほこのまち名古屋へ。
松田とりょうたの結婚式に行ってきました。

仕事を終えてちょーーーダッシュで博多駅に向かい
新幹線の座席で再会というなんともロマンチックなシュチュエーションで4年ぶりくらいに会う東郷とビールで乾杯すべく
キリンとおつまみ買って新幹線に乗り込みました。

新幹線で東郷と再会!
学生のころから貯蓄キャラの東郷は
社会人になって貯金の額がなんかのクイズ番組の懸賞金くらいに
なってました。
社会人3年目を過ぎたにも関わらず
相変わらずの鋼のボディは流石の一言。
後に再会する久保とは大違い。
ひとまずビールで乾杯しました。

んで20分もしたら別にたいして久しぶりでもないきみちゃんが合流!
学生時代とほとんど変わっていないのできみちゃんの話は割愛。


翌日
いよいよ結婚式当日。
名駅(言ってみた)でタカとのりそと合流し会場へ。

式の4日前に会った松田はこっちが焦るくらい
いつものしいなだったのでどうしようかと思いましたが、
当日も変わらぬ笑顔で迎えてくれたしいなに安心しました。

結婚式が始まり、花嫁入場でまあさとふたりで号泣。
ふたりの紹介ビデオでまた号泣。
いや~まさか泣くとは思わなかったな~

にしても本当に本当にいい結婚式でした。
ふたりらしい、笑顔の溢れる明るく楽しいアットホームな式でした。
しいなのベージュのドレスもすごくきれいだった。

なにに一番驚いたかって新郎りょうたのしっかりとしたしゃべりくち!
随所で笑いをとるテクニックなんてどこで学んだのでしょうか。
かわいい笑顔は相変わらずのりょうた。
7年もしいなの近くで間接的に見てたので
なんだか感無量でした(失礼)

APUの1回生のときに出会って7年間の時間を経て
晴れて夫婦となったふたり。
式中りょうたが何度か「紆余曲折を乗り越え!」って
街頭演説みたいに言ってて
みんなも冗談で「ほんとだよー」なんて言ってましたが、
それでもふたりを知る全てのひとが心から祝福せざるをえないような
そんな誰からも愛されるふたりだと改めて思いました。

ただ名字が変わっただけで何も変わんないよていってた2人ですが
私はやっぱりすごく嬉しくって、
幸せな気持ちでまた博多に帰りました。


にしても。

7年間も松田と切磋琢磨してきたのに
新郎りょうたとの絡みは多分余裕で10回未満。
2人が晴れて夫婦になったことを機に
これからはりょたにも心を開いていただけるように精進したいです。

↓二度とないかもしれないスリーショット
dfg







おまけ

受付にて。
26歳にしてスーツのボタンが閉まらない久保とほんとは名古屋嬢のまあさ。と、「久保さ~ん」の掛け声が印象的な亮太の同僚の方。

今や世界をまたにかけ活躍中の久保くん。
式の前日までイギリスに出張されてた彼ですが、
帰国便の飛行機では落としたペンを拾うのに20分かかったそうです。

sdfg





sachica
最近むしょーーに体の免疫が低下している。
ような気がしているわたしです。

疲れがたまりやすい。
おなかこわす。
元気が持続しない。
遠出した後は確実に体調崩す。

うむ。

てことで、C根せんぱいがいつか言ってたのを思い出し
青汁生活始めます!


なんの宣言て感じですが。


青汁さん、頼みますよまじで。


期待してます。



sachica




糸島にて。

なんと築180年の民家を改装してのオープン。
昔はお薬屋さんだったそうです。

こちらのお蕎麦屋さん、なにを隠そう中学校から友だちがご家族で始められました。

内輪びいきでもなんでもなくほんっとに美味。
びっくりしました。

おもてなしの素晴らしいあったかいお店。

季節もいいし、ドライブがてら是非!




そば処 山崎
福岡県糸島市二丈松国102番
TEL 0923251122



sachica



ひろと(2歳)の場合


しろつめぐさ。



sachica
気付けばもう2週間くらい経っちゃってるけど
こないだの週末は、日本各地から新卒時代の同期が福岡に集まりました。

年末から、私のほかにもうひとり、
福岡で一緒に働くことになったこともあって実現した今回の集合。
結構前日まで「ほんとにみんなこれるんかいな」的な心配もあったけど、
北海道から京都から東京から、無事にみんなが集まりました。

なんだかんだみんなそれぞれ忙しくしてるから
急きょ来れないメンバーもいたり、
日程が合わなかったこもいて残念だったけど
次回はぜひ、目指せフルメンバーで会えたらいいね。

結局私たち同期のメンバーは
一緒の会社で過ごしたのなんてたかだか半年。
だけど、みんなそれぞれの道に進んでからも
気兼ねすることなく、なんかよくわかんないけど
安心して一緒にいられるといいますか。
特に同期といえども私は最年少組なので、
なんだかんだ面倒みてもらったり、
迷ったときには背中を押してもらったりと
なんだかんだで頼りにしている面々でもあったりします。

とか言いながら3日間を振り返れば、
話す内容はとりとめのないはなしばっかり。
どーしても振り向かせたい女子の話とか、
Kたくんがまたいろいろむちゃぶりされてがんばってたりとか
R-の超フレッシュな幸せはなしとか。

なんかそんな時間を過ごしてると、
なんかいろいろ思い出しますね。
もう初めに出会って2年かー


また背筋を正された心地でした。


次はどこで集まれるかなー


その日に向けて、体力温存しときます。




sdfgh



sachica



葉桜になっちゃってる。


今年はまだお花見してないなー

サクラなんて毎年咲くのに、
毎年しっかりお花見しないとなんかむしょーに取り逃がした気になる。


ていいながら去年は確かサクラ探すのに疲れ果てて、最早ピクニック状態
でしたが。




sachica



やばい、はまる照



sachica




sachica
dfcgvbhんjm

週末はお久しぶりに東京へ

新卒で社会にでて以来公私共にお世話になりっぱなしのせんぱいの結婚式でした。
私が東京を出るころには会場が決まってドレスの試着真っ最中だったのに。
時間が経つのは早いもんですね。


もともと同じ職場でずっとオシドリ夫婦ポジションだったおふたりの待望の結婚式だったので
その日は半分が前の職場の方々の参加で、同窓会のような、というよりいつものなんかのイベントのような。
そんなとてもあたたかい笑顔のあふれる幸せなお式でした。

二次会からは倍近くの人が集まって、本当に懐かしい顔ぶれが大大集合。
おなじみの新卒同期のみんなから社員NO1桁クラスの方々まで勢ぞろいでより一層懐かしい顔ぶれ。
いろんな再会やみんなの笑顔が嬉しくって、私は相も変わらず酔っ払っちゃったけど
会社が解散して以降いろんなところに散らばったみなさんに会えて、
再会を楽しむ姿が見れて、「福岡でがんばれよー」てがしっと握手ぶんぶんされたりとかして
またもやばしっと背筋を正された心地で帰ってきました。

パーティーの最後に。
いつもは多くを語らないTHE寡黙な男コバケンさんが、
会社が解散して以降なかなかこうして昔の仲間みんなで集う機会がなかったなかで、
自分たちの結婚をきっかけに今日それが実現したことをとても幸せに思う、といっていた。

人との縁を大事にして仕事でもプライベートでも人とのつながりを何より大事にするおふたり
そんな本当にみんなに愛されるおふたりらしい笑顔あふれる素敵な一日でした。


特に新婦のC根さんとは新卒で入社してからというもの何合一緒に飲んだか分かんないくらい飲み明かしました。
どんなに早くに飲み始めてもついつい終電逃しちゃって
最後は渋谷1時発吉祥寺2時着の深夜バスという手段を覚えたりなんかして。

いろーんなことを教えてもらってほんとにいっぱい元気もらったなー


そんな女子としても人としても本当に大好きな先輩の門出に立ち会えて、幸せな週末でした。


コバケンさん、C根さん改めコバリナさん
ほんと末永くお幸せに。




そしてあたしも幸せになります(切実)





sachica

« back | main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。